よくあるご質問

タクシー業務に関して

  • ノルマ等の決まり事はありますか?

    タクシー業界ではノルマのことを「足切り」という言い方をします。この足切りですが、多くの会社で一日の売上額が定まっています。足切りと聞くとプレッシャーがかかるイメージですが、通常に働いていれば、この足切りを下回ることはありません。毎日ほとんどの乗務員が足切り以上の業績をあげています。基本的には働きやすい環境で「足切り」を強制することはありませんのでご安心ください。また、未経験の場合は足切りが不安だと思いますので、一定期間給料が保証される会社をご紹介しております。皆さんの働きやすい環境をご提供させて頂きます。お気軽にご相談ください。

  • 女性ドライバーは居るのでしょうか?

    タクシー運転手には男性が多いというイメージが強かったのですが、
    近年になって女性運転手も増えてきました。
    気配りが行き届いた接客やサービスなどが顧客から評価を受けており、
    女性タクシードライバーの採用に力を入れている会社も少なくありません。
    都内にあるタクシー会社では、子育てや家事に忙しい運転手が働きやすいように、夜勤を減らすなどのサポートを行っています。
    さらに、日本交通でも女性運転手の制服をデザイン性の高いものに新調するなどして、運転手の獲得に繋げています。
    こうした取り組みは全国に広がりを見せており、全員が女性のドライバーという会社もあるほどです。それだけ顧客のニーズも高いと言えるのでしょう。
    女性のドライバーはホスピタリティに富んでいて、丁寧な接客や運転はもちろん、男性には感じにくい親しみやすさがあることも顧客を集める理由の一つであると考えられます。
    タクシー業界は男性中心で拘束時間の長いハードな仕事というイメージの強いタクシー業界でも、年々女ドライバーが働きやすい環境が整えられつつあるのです。
    教育制度の充実や、経験が無い人でも一定期間は給与が保証されるといった高待遇な会社も増えてきているので、今後は女の運転手の数もますます増加していくでしょう。

  • 地理試験は難しいですか?

    地理試験とは国土交通省が認可する国家資格で東京の特別区、武蔵野市、三鷹市や大阪と神奈川の指定地域でタクシードライバーになるために必要な地理に関する試験です。
    問題は道路や地名、有名な建物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅などが出題されます。
    全部で40問のマークシートの筆記試験で合格するには32問以上の正解が必要となります。
    地理試験の難易度は高く、一回で合格するのは難しくて合格率は約40%です。
    合格までの平均受験回数は4~5回かかりますので、新人ドライバーになるための登竜門となります。
    勉強方法としては各タクシーセンターが過去問を販売しているのでこれを繰り返し解くとよいです。
    問題の半分以上は地図を見て回答しなければならないので、地図も用意しておく必要があります。
    そして地図で各公共施設、主要道路、駅とその周辺の施設の位置を確認し暗記しておきます。
    試験には出題パターンがいくつかありますが、ほとんどの部分は共通していますので暗記しておけば対応できます。
    また地理試験は東京、大坂、神奈川に在住している方でも難しい問題がありますが、
    現在はタクシー会社で研修や勉強会を行っている所もありますので、地道に勉強をしていけば地方出身者でも不利になることはありません。
    当社では地理試験の研修が整ったタクシー会社を厳選してご紹介致します。
    お気軽にご相談ください。