よくあるご質問

タクシー業務に関して

  • タクシー会社の寮について教えてください

    タクシーの求人の中には、いわゆる社員寮が用意されている会社のものがあります。

    各会社によって待遇はまちまちですが、中にはかなり安い寮費で個室が用意されている場合もあります。

    ドライバーのお仕事は基本的に歩合制なので、どれだけお客様が取れるかによってお給料は違ってきます。
    そう考えると、やはり新人とベテランではお給料に差が出てきてしまいます。

    最初の内どれだけ稼ぐことが出来るのか、安定して生活していけるだけのお給料を稼ぐことが出来るのかで就職を躊躇してしまう方もいらっしゃいますよね。

    そんな時に寮があれば住まいは保証されていますので安心して働くことが出来ます。

    また、同じ場所に住む先輩と交流する事によってお仕事のノウハウを教えてもらえた、というケースもありますし、同じ会社で働いている方と親しくなるチャンスがあるというのは大きな魅力です。

    ちなみに、こういった求人を出している会社は地方出身者など、出稼ぎで来ている方が多いです。
    やはり都市部の方が収入は大きくなりますので、出稼ぎに来る場合住まいを見つける手間を省き、すぐに働き始めることが出来ますね。

  • タクシードライバーの平均年齢はどのくらいでしょうか

    タクシードライバーは年配男性が定年後に就く仕事といったイメージがありました。

    しかしながら、近年になってこうしたイメージは少しずつ変わって来ています。

    ドライバーの平均年齢は57歳ほどで、やはり年配者の仕事であるという印象は拭えません。

    ですが女性のドライバーも増えてきていますし、20代、30代の若い世代のドライバーも増加傾向にあります。

    女性や若い世代がタクシードライバーという仕事に就くようになった理由は、以前よりも働きやすい環境が整ってきているからです。

    未だに勤務時間が長いという実態はありますが、夜勤が無かったり、勤務時間が短かったりするタクシー会社も増え、ライフスタイルに合わせて働けるようになってきています。

    さらに、ドライバーの魅力は、その自由度の高い働き方にあります。

    上司や先輩と顔を合わせる機会の少ない個人で働く仕事なので、職場での人間関係を気にする必要がほとんどないのです。

    若い世代には、こうした部分は大きいのかもしれません。
    また、やる気と努力次第で収入が増やせるという点も他の職種には見られない特徴です。

    勤務時間のスケジュールは比較的自由にたてられますし、連休なども取りやすい仕組みになっている会社も多いのです。

  • タクシードライバーはいつ休暇を取っていますか?

    終電後の駅前や連休の観光地など、
    さまざまな場所でその姿を目にすることが多いタクシードライバー。

    1年中働いている姿を見かけるため、
    いつ休みをとっているのかと疑問に思っている人もいるかもしれません。

    各会社によって休みの取り方はさまざまですが、
    一般的には、休日の多い職業と言われています。

     

    さまざまな勤務体制がありますが、
    1日働いたら翌日休みとなる隔日勤務体制をとっているところが多く、
    そのほかにも、多くの一般企業のように土日を休日とした勤務体制を取り入れている会社や、
    シフト勤務体制を取っているところもあります。

     

    利用するお客様によって、
    1日の乗車勤務時間が長くなるときも、
    また、逆に短くなるときもありますが、
    年間にドライバーとして働いている時間はそれほど多くなく、
    休みを取りやすい仕事であると言えます。

    また、勤務体制や契約内容に合わせて、
    有給休暇も法定どおりに取ることが可能となっているため、
    無理なく仕事を続けることができる環境がある業界と言うこともできます。

    会社員として働いているときにはなかなか、
    プライベートな時間を作ることができなかった人が、
    自分の時間も楽しみたいとタクシードライバーに転職するケースも増えています。

  • タクシードライバーの労働時間が心配です。

    長時間労働で大変だと言ったタクシードライバーの労働時間も、
    数年前に乗務員の拘束時間の超過や休憩時間の不足が指摘され、
    近年は緩和されました。

    乗務員の中には短時間勤務のみでも可能な会社もありますし、
    女性運転手も増えてきたここ数年では、
    ママさんドライバーがシフトを組んで働きやすい環境も整った会社もあります。

    また、
    昼日勤・夜日勤のみの勤務もありますので、
    どちらかを選んで働いている人もいれば、
    両方をシフトで働いている人もいます。

    また、隔日勤務と言って昼も夜も働く勤務形態もあります。

    こちらは労働時間は長いですが、
    その分の休息時間をきちんととれるような勤務体系です。

    なので、拘束時間自体を見れば長いように思えても、
    休息時間自体は普通のサラリーマンよりも長いですし、
    残業もほとんどありません。

    そう考えるとタクシードライバーの労働時間は考えようによっては一般のサラリーマンとさほど変わらないです。

    また、
    一般のサラリーマンであれば、
    サービス残業や一定の残業時間を超えたら残業代は出ない会社もありますが、
    タクシー会社であれば、
    自主的に協会をあげて取り組んでいるということもあり、
    勤務時間が長すぎて休憩が取れないといったこともないです。

  • タクシードライバーの毎月の収入が心配です

    全国のタクシードライバーの月収は20万円から25万円という人の割合が最も多いようです。

    しかし、
    給与は歩合制なので努力次第でさらに稼ぐことが可能です。

    東京都を始めとする都市部では利用客が多いのでより稼げる確率が高く、
    実際に東京都のドライバーの平均年収は全国で最も高い数字になっています。

    月収の平均的な数字だけを見ると低いように感じるかもしれません。

    しかし、
    頑張り次第で収入アップが目指せるので、
    熱意を持った人たちには最適な仕事と言えます。

    タクシー業界では未経験者がドライバーになるケースがほとんどで、
    各会社では未経験者でも働きやすいような工夫を取り入れています。

    2種免許の習得にかかる費用は会社が負担し、
    運転技術や地理に関しての知識が不安な人にも一から丁寧に指導するといった会社がほとんどです。

    さらには、
    女性でも働きやすいように夜勤を減らしたり、
    地方から来てもすぐに働きるように寮を完備したりと、
    高待遇な会社も増えてきてるのです。

    その上、
    乗務開始から一定期間は給与を保証してくれる制度もあるので、
    売り上げに不安を感じている未経験者でも安心して働けます。

    タクシードライバー転職本部では皆様それぞれのご希望に合ったタクシー会社をご紹介しております。

    給料が心配な方はぜひご相談ください。

  • ノルマ等の決まり事はありますか?

    タクシー業界ではノルマのことを「足切り」という言い方をします。この足切りですが、多くの会社で一日の売上額が定まっています。足切りと聞くとプレッシャーがかかるイメージですが、通常に働いていれば、この足切りを下回ることはありません。毎日ほとんどの乗務員が足切り以上の業績をあげています。基本的には働きやすい環境で「足切り」を強制することはありませんのでご安心ください。また、未経験の場合は足切りが不安だと思いますので、一定期間給料が保証される会社をご紹介しております。皆さんの働きやすい環境をご提供させて頂きます。お気軽にご相談ください。

  • 女性ドライバーは居るのでしょうか?

    タクシー運転手には男性が多いというイメージが強かったのですが、
    近年になって女性運転手も増えてきました。
    気配りが行き届いた接客やサービスなどが顧客から評価を受けており、
    女性タクシードライバーの採用に力を入れている会社も少なくありません。
    都内にあるタクシー会社では、子育てや家事に忙しい運転手が働きやすいように、夜勤を減らすなどのサポートを行っています。
    さらに、日本交通でも女性運転手の制服をデザイン性の高いものに新調するなどして、運転手の獲得に繋げています。
    こうした取り組みは全国に広がりを見せており、全員が女性のドライバーという会社もあるほどです。それだけ顧客のニーズも高いと言えるのでしょう。
    女性のドライバーはホスピタリティに富んでいて、丁寧な接客や運転はもちろん、男性には感じにくい親しみやすさがあることも顧客を集める理由の一つであると考えられます。
    タクシー業界は男性中心で拘束時間の長いハードな仕事というイメージの強いタクシー業界でも、年々女ドライバーが働きやすい環境が整えられつつあるのです。
    教育制度の充実や、経験が無い人でも一定期間は給与が保証されるといった高待遇な会社も増えてきているので、今後は女の運転手の数もますます増加していくでしょう。

  • 地理試験は難しいですか?

    地理試験とは国土交通省が認可する国家資格で東京の特別区、武蔵野市、三鷹市や大阪と神奈川の指定地域でタクシードライバーになるために必要な地理に関する試験です。
    問題は道路や地名、有名な建物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅などが出題されます。
    全部で40問のマークシートの筆記試験で合格するには32問以上の正解が必要となります。
    地理試験の難易度は高く、一回で合格するのは難しくて合格率は約40%です。
    合格までの平均受験回数は4~5回かかりますので、新人ドライバーになるための登竜門となります。
    勉強方法としては各タクシーセンターが過去問を販売しているのでこれを繰り返し解くとよいです。
    問題の半分以上は地図を見て回答しなければならないので、地図も用意しておく必要があります。
    そして地図で各公共施設、主要道路、駅とその周辺の施設の位置を確認し暗記しておきます。
    試験には出題パターンがいくつかありますが、ほとんどの部分は共通していますので暗記しておけば対応できます。
    また地理試験は東京、大坂、神奈川に在住している方でも難しい問題がありますが、
    現在はタクシー会社で研修や勉強会を行っている所もありますので、地道に勉強をしていけば地方出身者でも不利になることはありません。
    当社では地理試験の研修が整ったタクシー会社を厳選してご紹介致します。
    お気軽にご相談ください。