【燃料電池タクシー】街へ… 大宮拠点に

 水素を燃料とし、「究極のエコカー」とも呼ばれる燃料電池車の

県内初となるタクシーが30日、営業運転を開始しました。

 

今後3年間、JR大宮駅やパレスホテル大宮を拠点に運行し、県内での普及を目指すそうです。

 

タクシーとして利用が始まったのは、ホンダの燃料電池車「クラリティ フューエルセル」で、

ホンダが埼玉、東京、神奈川、宮城の1都3県のタクシー会社に計6台を貸し出し、

実際に走ってみたデータなどを提供してもらい、

普及に向けた参考にするといわれています。

 

県内では、さいたま市大宮区のタクシー会社「大宮自動車」で1台が営業運転するそうです。

 

 県内で走る燃料電池車の車体は黒色。

燃料電池を意味する「FUEL CELL」や、水素分子を表す「H2」の文字でラッピングされているそうです。

 

実際に運転してみた方の話によると

「エンジン音が全くせず、とても静か。少し走っただけですごい車だというのが分かる」と驚いていたようです。

 

 県は2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、二酸化炭素を排出せず、

環境に優しいの普及に力を入れている。

 

同年までに燃料電池車を県内で6000台普及させ、水素ステーションを17か所に設置するという目標を掲げているが、

現在、県内の燃料電池車は約120台、水素ステーションは8か所にとどまっています。

 

今回、タクシーとして燃料電池車が運行されることで県民の乗車機会を増やし、普及に弾みをつけたい考えだそうです。