【子育てタクシー】 利用者増

 神奈川都市交通株式会社 青葉営業所が、妊婦や子連れの送迎を行う「子育てタクシー」を始めて4年を迎えました。

同営業所によると、利用件数は開始直後2013年9月の11件から現在は85件(17年8月)まで増え、

認知度も高まってきたといわれています。

 子育てタクシーは、全国子育てタクシー協会に登録したタクシー事業者が実施しているサービスで、

妊婦や保護者、0歳から15歳までの子どもを対象に特別な対応をするものです。

事前登録が必要ですが、料金システムは通常のタクシーと変わりなく、横浜市内では8社が実施しているそうです。

 

例えば陣痛がきた妊婦には破水に備え防水シートを敷いた車両で産院に直行する「こうのとりコース」など4つのコースを設定しており、

その他のコースでもチャイルドシートを用意し、荷物の多い子連れの送迎を通じて外出支援を行うほか、

子育て支援団体とも連携しているそうです。

運転するのは同協会の養成講座を受けた登録ドライバーで、妊婦や子どもに対する知識も学んでいます。

 子育てタクシーは同営業所と区内のNPO法人ワーカーズ・コレクティブ・パレットが連携し、

区内全域と隣接エリアを走行しているそうです。

 

同営業所によると、青葉区内は特に通園、通学、通塾、習い事など、

子ども1人での利用が他の事業者と比べても圧倒的に多く、毎月利用数は40件に上るそうです。

今後は、他の地域でも利用者が増えていくといいですね。