お役立ち情報

少しの努力でそこそこ稼げる、タクシードライバーに向いてる人

ネタバレ1:タクシードライバーに向いている方とは

今日は人材コーディネーターとして、少しだけホンネのネタバレを話しちゃいますね。 みなさん、タクシーの運転手さんってどんな人が向いていると思います? 「運転がうまい人」「お客さんとの話が上手な人」「体力のある人」? うーんチョット、違うんですね。

ネタバレ2:ちょっと意外な人物像

じつは「社内のルールを守れる」、という方が向いているというのがネタバレです。 びっくりしました?なぜって、タクシーって「年齢も、職業もちがう色んな人を車に乗せて目的地まで連れて行く。」ことが仕事なんです。 基本的に超人的な体力や、運転テクニックって要りません。必要なことは会社が教えてくれます。 わたしが思うに、「なんでウチに来たんだろう?」というような、超人的な体力のある方は、ある程度のノウハウを身に着けたら、もっと儲かるトラックや、長距離バス、 宅配便ドライバーなんかに転職しちゃったりします。

ネタバレ3:長く働けるのはこんな人

長く居てくれるのは意外と、大人しそうな中高年や、初老の男性。 元はサラリーマンをやってて、という方が多いですね。 そんな人は、コツコツとそこそこ稼いでいます。 また無理しないせいか、クレームも少なかったり、クレームが起こってもすぐ解決したりします。 会社が決めてるルールに沿って、落ち着いて、連絡して報告して、お客様にも決められた通りに丁寧に対応して、てゆうルールを守れる、ってとても大事なことなんです。 会社が決めたルールを守ったうえで起こってしまった事故やクレームだったら、 会社も責任持ってドライバーを守れるんです。 会社勤め経験のある転職者の方は、そういうルールを理解して守ってくれる方が多いですね。 ご質問・ご相談はお気軽にお問合せください。 厳選された求人情報をご紹介させていただきます。