お役立ち情報

タクシードライバーへ転職する時の基礎知識

タクシーは転職者の多い業界です

タクシー業界の特徴は、異業種から転職をして30代や40代からドライバーとして働き始める人が多いことです。

したがって転職希望者への支援体制も充実しているので、初めて乗務員として勤務する場合でも安心して働くことができます。

また乗務員として勤務する場合には1回あたり16時間以上の乗務が一般的ですが、途中で十分な休憩時間を確保することができるので、すぐに仕事に慣れることができます。

タクシー業界への転職

タクシードライバーへの転職は、特に何か優れたスキルを持っていたり経験者である必要がありませんので、誰でも転職に挑戦しやすい職業です。

ただし応募時ではありませんが、入社後に資格取得とテストを受けるステップが入ってくる点で、タクシードライバーに転職するための手順は他の職業とは異なります。

タクシードライバーに転職するためのステップ

まず、転職したい会社を探して応募し、面接を受けるステップは他の職業と同じです。

その後、お客さんを有償で車に乗せる時に必要な第二種運転免許取得のステップが入ります。多くの場合、就職が決まった会社が手配してくれたり、自前で持っている教習所で取得したりします。第一種運転免許を保有している人であれば、比較的容易です。

次に、営業所が東京または大阪である場合はその地域のタクシーセンターが実施している講習を受け、テストに合格する必要があります。
難しいと言われるテストですが、対策をきちんとすれば大丈夫です。

最後に、タクシー会社が独自で実施する社員研修を受けます。
先輩ドライバーを乗せて運転する実習が多いです。

給与保証がある会社も多いです

初めは売上が少ないかもと心配する人もいますが、転職後最初の数ヶ月は一定の給与を保証する制度が利用できる場合が多いので安心です。

保証された期間中にお客さんを獲得するコツを学びます。

タクシードライバーとして稼ぐには

またタクシー会社への転職を決意したときには、
最初に就職したいと考える会社の説明会や相談会に出席するのがポイントです。

特に業界が初めてでドライバーとしての経験がゼロの転職者の場合には、勤務条件や給与体系について教えてもらうのが理想的です。

タクシー業界では基本給に加えて歩合給が加算される給与体系が一般的です。
そのために売り上げの多いドライバーであれば、月収50万円以上の条件で働くことも十分に可能です。

しかし高収入を得るためには、その地域の地理に詳しくなるなど乗務員一人一人の努力が必要です。

転職をした直後は必ず研修があるので、積極的に受けて営業のノウハウを学ぶようにしましょう。その場合には接客マナーも身に着けることで、乗客からも喜ばれる乗務員を目指すことができます。