お役立ち情報

タクシードライバーが給料アップするためのコツ

タクシードライバーの月収事情

全国のタクシードライバーの月収は20万円から25万円という人の割合が最も多いようです。

 

しかし、給与は歩合制なので努力次第でさらに稼ぐことが可能なのがタクシードライバーの魅力です。

 

東京都を始めとする都市部では利用客が多いのでより稼げる確率が高いです。

実際に東京都のドライバーの平均年収は全国で最も高い数字になっています。

 

月収の平均的な数字だけを見ると低いように感じるかもしれません。

しかし、頑張り次第で収入アップが目指せるので、熱意を持った人たちには最適な仕事と言えます。

 

歩合制についてさらに知りたい場合は「給料形態」をお読みください。

高収入を誰でも得られる事が可能です

タクシードライバーの給料は少なく、厳しい仕事だと思われがちですが、 誰でも高収入を得ることが可能な職業です。

 

多くの場合、 タクシードライバーは歩合給で売上の一定割合が給料として支払われます。

したがって、高収入を得るためには、売上を上げること、 すなわちより多くのお客さんを捕まえなくてはなりません。

給料を増やすためには日々の地道な努力と知恵が物を言います。

 

給料の上下は天候に有り

例えば、コツの一つとして、 天気を先取りすることが挙げられます。

 

タクシードライバーの活躍は晴れている時よりも雨の時。

更に豪雨や雪の時の方がタクシー利用の需要は高いはず。

だからと言って、ぼんやり走っていてはお客さんを捕まえられません。

 

朝であれば、ちょっと自宅から最寄駅まで、夕方から夜はその逆が多いです。

なので、朝は住宅街、夕方から夜は駅付近にいることが給料アップのコツです。

急な天候に困るお客さんの需要を拾って収入アップ。

雪の時は更にチャンスが広がります。

 

しかし、タクシードライバーは雪が降ってからの準備では遅いです。

売上を左右するのは、雪が降りそうな予感がした時または雪の予報があった時の一足先のスタッドレスタイヤ。

事前準備を怠らないのがコツです。

 

このように、誰でも考えればわかることと、 誰でもできる簡単なことをどれだけ実行できるかに給料が依存しています。

特別なスキルがなくても稼げるところがこの職業の良さです。