お役立ち情報

タクシードライバーの面接に必須の服装とは

タクシードライバーにとっての「服装」とは

タクシードライバーという職業は、運転がメインではありますが接客業の一面もあります。

お客様に失礼があってはいけません。

 

お客様となる年齢層はとても幅広いので、どんな立場の人にも失礼の無いようにするのがポイントです。

採用試験段階から重要視される服装

タクシー会社で働くということはその会社の看板を背負いながら働くという事になります。

 

面接時にはお客様に失礼のない接客が出来るかどうかを必ずチェックされています。

その中でも服装は大事なポイントです。

 

面接時の時には私服の様な服装で行くような事は辞めた方が良いでしょう。

 

タクシー会社の中には、服装の指定をしていない所が多いかもしれません。

それでも社会人という立場を意識してスーツで行かれるのが無難です。

 

ただし、何かしらの事情でスーツが無いという方も居るかもしれません。

その場合は、事前にその事情を伝えておく方が良いです。

 

私が面接官から聞いた話では、短パンにビーチサンダルという服装で面接に来られた方がいらっしゃるそうです。

そういった服装は悪い印象を与えてしまいますので、絶対にやめましょう。

言葉遣いも大事です

面接時でも仕事中でも言葉遣いと服装については特に意識をする必要があります。

 

採用面接の時は自分は雇われる為にチェックされている側なのを意識しなければなりません。

もしかしたら面接官は自分より年下の可能性もあります。

 

だからと言って、日常と同じように年下の人間と話すような態度を取っていると採用は難しいでしょう。

面接官の中には、丁寧語や敬語では無く、わざとフランクな態度を取る方も居ますが、
その対応を見ている事を忘れてはなりません。

 

最後に

いかがだったでしょうか。

かなり面接が厳しいのではないかと尻込みをしてしまうかもしれませんが、大丈夫です。

常識的な格好で失礼のない言葉遣いが普段からできていれば、心配ないでしょう。

 

もし、タクシー会社への転職を希望されている方で、まだ応募もしていない方がいらっしゃいましたら

当社がサポートさせていただきますので、安心してご相談ください。