お役立ち情報

【タクシードライバー求人テクニック】面接で絶対にしてはいけない3つのポイント

タクシードライバーは人材不足だから誰でもなれる。

面接は適当でもどうにかなるだろう。

 

そんな事を考えたことはありませんか?

 

でも、それは大きな間違いです。

 

今回はタクシー会社で面接をした時に絶対にしてはいけないことをご紹介致します。

そもそもタクシードライバーとは

タクシーは運輸業ではありますが、ただ単に人を乗せて目的地まで運転すればいいというわけではありません。

 

実際には「お客様」をお乗せして安全・快適に目的地に運ぶ事が求められます。

タクシーは運輸業でもありサービス業でもあるのです。

 

例えば貴方がタクシーに乗ったとしましょう。

運転手が挨拶も適当で接客もイマイチだとしたら嫌な気持ちになりますよね。

もしかしたら次からその会社のタクシーに乗るのを止めようとも思うかもしれません。

 

タクシー会社は面接時に接客に問題がない人物かを注意してチェックしています。

面接した人を採用して接客態度が悪かったとしたら、

乗車されたお客様も良くない気持ちを抱く可能性もあります。

そんな可能性がある人の採用は絶対避けたいですよね。

 

ドライバーの接客が会社全体の評判を落とす可能性もある時代です。

面接も厳しい目で見られるようになってきています。

 

それでは実際にどういった部分が見られているかをNG事例と共にご紹介しましょう。

面接でやってはいけない事

1.服装編

「アロハシャツに短パンビーチサンダル」

以前、ビーチに行くかのごとくラフな格好で面接に臨まれた方が居ました。

この方は面接を受けるまでもなく、一発でアウトでした。

 

第一印象は見た目で決まります。

面接ではなおさら厳しい目で見られるので、服装には十分注意しましょう。

 

タクシー会社で面接に行く際、基本はスーツにしましょう。

スーツであればまず間違いないですから、

あえて他の服装にするという冒険に出る必要もありません。

 

もしスーツを持っていない場合はジャケットにスラックスなど清潔感のある服装にしましょう。

また、その際にはタクシー会社に別の服装で行くことを事前に連絡しておくとよいでしょう

 

服装自由といっていただける会社もありますが、

その場合でもなるべくスーツもしくはジャケットにスラックスなどのある恰好にしましょう。

私服の場合は、自分では大丈夫な服装だと思っても、第三者から見ると余暇なる印象を与えることもあるので注意が必要です。

 

2.ノックなし、挨拶なし

タクシードライバーは接客業です。

ですので、基本的なあいさつや言葉遣いには気をつけるようにしましょう。

 

ノック無しで部屋に突入は絶対にしないようにしましょう。

入室後の挨拶も絶対です。

 

この部分は面接時にしっかり見られる部分でもあります。

服装同様、この部分で態度が悪いと印象は最悪です。

 

面接官に「丁寧な人だな」と思われるふるまいをしましょう。

 

3.遅刻

タクシー会社だけでなく、どの業界でも面接時の遅刻はもってのほかです。

絶対にしてはいけません。

 

ただ交通事情等によりやむ終えず遅れてしまう場合にはすぐにタクシー会社に連絡するようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。

清潔感のある恰好で、遅刻をせずきちんと挨拶をする。

すごく当たり前なことだと思いますが、だからこそ気を遣う必要がある部分でもあります。

知らない業界ですから、どういったルールがあるのか心配になる方もいるでしょう。

 

そんなときには弊社のコンサルタントにご相談ください。

面接前のフォローや当日の緊急事態が起きた際にも貴方とタクシー会社の間に入って調整をします。

面接の事前情報もお伝えすることも可能ですので、タクシードライバーに転職をお考えでしたらぜひご連絡ください。