お役立ち情報

タクシー会社の立地によって収入が変わるかもしれません

今現在、転職を考えている方はタクシードライバーを考えてみてはいかがでしょうか?

タクシー会社を選ぶうえで検討した方が良いことの一つが、「タクシー会社の立地」です。

自宅からの通勤時間はもちろんのこと、タクシー会社がある場所によって収入の差が生まれる場合もあります。

 

タクシーには地域によって働いて良い「営業区域」というものがあります。

営業区域は法令で定められていており、簡単に言うと指定された地域以外でお客様を乗せてはいけないというものです。

 

例えば東京と川崎は多摩川を隔てて区分されています。

距離としては1駅もない程度の距離ですが、どちらのタクシー会社を選ぶかで営業区域が変わってくるのです。

 

川崎に在住のAさんは当初電車で15分以内の通勤距離でタクシー会社を探していらっしゃいました。

川崎駅を中心に働ければ・・・と考えていらしたのですが、

私はカウンセリングでお話を伺ううちにAさんは通勤より稼ぎを重視しているのかなというイメージを抱いていました。

 

そこで、川崎のタクシー会社をご紹介するとともに、参考までに都内のタクシー会社をご紹介したところそちらに強く興味を持っていただきました。

 

なぜなら給料が1年目から変わってくるからです。

タクシー会社によって条件は変わりますが、未経験者で入社した場合には「給与保障」が一定期間つく会社があります。

 

タクシー会社の給与は歩合給なので売上げに応じて貰えるお金が変わってきます。

そこで、未経験者の方にはじめのうちは売り上げを気にせず安心して働いてもらうための制度です。

 

その給与保障の条件が東京と川崎では差があるのです。

給与の差で言うと5万円以上毎月違う場合もあります。

 

また、期間に関しても川崎では3か月程度ですが、東京では半年や1年間の給与保障がある会社があります。

 

少し大げさな言い方をするのであれば、

給与保障の条件の差によって働く前から1年目の給与差がついてしまう可能性があります。

 

結局、Aさんは都内のタクシー会社に就職し、今では給与保障以上に稼いでいらっしゃいます。

後日お話を伺った際には都内の会社を選んで正解だったと仰っていました。

 

タクシー会社選びにお悩みの皆さん、良い会社がわからない場合にはぜひご相談ください。

ご自身の御希望に合った会社を一緒に見つけていきましょう。