お役立ち情報

タクシーの運転に必要な「普通第二種免許」って何?

タクシードライバーになるためには、いわゆる二種免許とよく呼ばれる「普通第二種免許」が必要になります。

そもそも二種免許とは、客を乗せて料金をもらう仕事をする場合に必要な資格で、車両の大きさや乗客数などによって、普通・中型・大型などの種類があります。

タクシーの場合は普通第二種免許、そして大型バスの場合は大型第二種免許が必要になります。

さらに「大型第二種免許」を持っていると、普通第二種免許を持っているのと同じだとみなされるので、タクシーの運転も可能になるという仕組みになっています。

二種免許を受験する条件は、第一種免許(多くの場合は普通免許)の取得から3年以上経過していることが必要であり、

年齢の条件も必然的に21歳以上になります。

試験では学科と技能が行われ、それに合格したあとに講習を受けるという流れになります。
そして学科と技能については、点数の面で第一種免許よりも合格ラインが高く(難しく)なります。

 

タクシー会社の求人を見ていると、普通免許さえ持っていれば採用してくれるところも多くあります。
しかし実際に業務を行う際にはこの二種免許が必要なので、会社側が資格取得を費用面で援助してくれるというケースがよく見られます。

 

タクシー会社によって条件は変わりますので、2種免許取得の必要がある方は是非ご相談ください。