初乗務までの流れ

内定後、初乗務までの流れについてご紹介します。
入社が内定すると、乗務までの間にタクシー会社主催の研修を受講したり、寮への入寮を希望される方はその手続きなど住まいの環境整理もしなければいけません。

  1. 健康診断

    お客様やドライバー自身の安全のために、運転に支障のある疾患は無いか、長時間の運転に問題は無いかなど、健康について入念に確認します。

    健康診断

  2. 入社内定

    入社が確定すると、初乗務に向けてタクシードライバーとしての研修が始まります。研修期間についても日給が支給されますので、ご安心ください。研修を含め、約40日前後で初乗務になります。
    研修についての詳しい流れはこちらをご確認ください。詳しく見る

    入社内定

安心の研修内容

安心の研修内容

タクシー会社に入社すると、タクシードライバーに必要な資格の取得、機器の操作方法等の習得、知識・接客方法の習得のためにタクシー会社それぞれが主催する研修を受けて頂くことになります。 研修の期間や内容に関しては、タクシー会社によって様々です。
研修室で、座学で勉強をしたり、実際に教官に同乗してもらって、運転や車内機器の操作方法を教わったりします。
多くのタクシー会社では、二種運転免許取得期間や地理試験の勉強期間を含めて、研修期間中は日当が支払われるため、お金の心配をすることなく二種免許や地理試験の勉強に集中することができます。 研修をしっかりと受けているかどうかは、その後実際にタクシードライバーになった際の給料の稼ぎに大きく影響すると言われています。
疑問に思うことや分からないことは、恥ずかしがらずに先輩ドライバーに積極的に質問をして研修期間中に解決すると良いでしょう。
先輩ドライバーも昔は新人です。きっと丁寧に教えて貰えるはずです。
前述した通り、研修の期間や内容に関してはタクシー会社によって多種多様です。

寮について

タクシードライバーという職業の魅力の一つに、寮に住み込みで働ける、というのがよく挙げられます。地方から出てきて知らない土地でタクシードライバーとして働く場合、自分で家を探すのは時間とお金が掛かり大変なことですが、寮完備のタクシー会社であればその必要がなく安心です。

  1. MERIT01 即入居可能

    1つ目に、生活に必要な設備が揃っているので即入居ができるという点です。電気製品やカーテンなど生活に必要な設備が整っている場合が多いのが特徴です。初期費用を抑えることができます。

    即入居可能

  2. MERIT02 短い通勤時間

    2つ目に、タクシー会社と寮の距離が近く通勤に便利な点です。出勤前はゆっくりと休むことができますし、仕事後にすぐに家に帰って休むこともできます。寄り道が減るので、お金の無駄遣いも減ります。

    短い通勤時間

  3. MERIT03 安い家賃

    3つ目に、家賃が安い点です。引っ越し費用をタクシー会社が負担してくれる場合や、水道費光熱費を負担してくれる場合もあります。生活に必要な設備が整っているため、初期費用も抑えられます。

    安い家賃

1人部屋や家族で住める部屋を用意している寮もあります。反対に、仲間とのコミュニケーションを取りたい場合は共同寮もあります。タクシードライバーは1人で乗務する仕事なので、仕事が終わってから職場の仲間と作戦会議をしたり雑談をしたりするのが楽しいという話をよく伺います。
何かと不安のある新人タクシードライバーの時期に、タクシー会社が用意してくれる寮に住み込んで働くというのは一つの手かもしれません。